最新記事一覧

LATEST REPORT

10 太陽光

2017-03-15
無錫サンテック再訪問
2017年3月13日1年半ぶりに中国の無錫に来ました。太陽光発電産業のラップアップ調査です。初日の午前はサンテックパワーを訪問しました。順風に買収されて一時の危機は乗り越え、事業は安定しているようですが、本社ビルの中は、以前のような活気はありません。最初にサンテックを訪問したのは2003年のことで、僕がまだ太陽電池産業の研究をしてなかった頃、サンテックもバラックのような場所で事業を始めたばかりの小...

11 地熱・地中熱

2015-01-31
小型地熱・温泉発電の可能性(14):わいた温泉地熱発電所
2015年1月29日 わいた温泉地熱発電所わいた温泉の地熱発電所が稼働を始めたということであらためて見学にいきました。はげの湯側からの概観以前ブログで紹介しましたように、ここは、地元の人たちで構成される「わいた会」が事業主体となり、発電所の建設から運営までの全てを中央電力が受託し、売電による利益を地元に還元するという、地域共生型の地熱開発モデルとして注目してきました。しかし前回訪問したときには、噴...

11 地熱・地中熱

2015-01-30
小型地熱・温泉発電の可能性(13):瀬戸内自然エナジー再訪(青島矢一)
2015年1月29日久しぶりに小型地熱発電の調査に九州にきました。まずは別府の瀬戸内自然エナジーです。昨年までの調査では、神戸製鋼のマイクロバイナリーを使って、唯一まともに売電出来ていると思われる事業者でした。そのマイクロバイナリーのすぐ横に、アメリカのアクセスエナジー社製Thermapower 125kWのタービンが新たに設置され、今回はそれが稼働していました。熱交換器、右がタービンその代わり、...

11 地熱・地中熱

2014-06-19
小型地熱・温泉発電の可能性(12):小浜温泉バイナリー発電実証事業結果
2014年6月18日環境省の支援により長崎の小浜温泉で行われていた温泉地熱発電の実証実験結果の報告書がでました。訪問したときには、実証実験中ということで稼働状況の詳細は教えていただけませんでしたが、あまりうまく稼働していない感じではありました。報告書をみる限り、やはりうまく稼働しなかったようです。スケールの問題が大きかったようです。若い人たちが地元の人たちや大学の人たちと一緒になって進めていたプロ...

11 地熱・地中熱

2014-06-03
小型地熱・温泉発電の可能性(11):五湯苑から大分ベンチャーキャピタルへ
2014年5月24日五湯苑地熱発電所外観小国町のまつやさんのバイナリー発電所と中央電力が進めているフラッシュ発電の装置を見学した後、別府に戻って、「日帰り温泉五湯苑」に設置されている神戸製鋼のバイナリー発電装置を見学にいきました。車でずいぶんと山奥まで入ったところにあり、わかりにくく、迷ってしまいました。http://www.kobelco.co.jp/releases/2014/1189327_...

11 地熱・地中熱

2014-05-28
小型地熱・温泉発電の可能性(10):小国わいた温泉再訪
2014年5月24日熊本県小国町のわいた温泉を再訪しました。熊本県といっても昨日訪問した九重町の菅原地区からは車で15分程度です。わいた温泉というと、以前ブログで紹介しました、中央電力とわいた会が地元還元型の独自のスキームで進めている2MWのフラッシュ発電所があるところです。再訪の当初の目的は、この発電所が今月稼働するということでしたので、その状況を見学することでした。しかし、この発電所が、蒸気の...

11 地熱・地中熱

2014-05-25
小型地熱・温泉発電の可能性(9):九重町菅原地区バイナリー発電
2014年5月23日現在、わいた山の麓、九重町の菅原地区で5,000kWのバイナリー発電の建設が進んでいます。開発しているのは、九州電力の子会社の西日本環境エネルギーで、JOGMECの債務保証の対象案件となっています。現場を見学させてもらい、開発の経緯など簡単に説明していただきました。九重町役場で待ち合わせをして、現地まで車でいきました。現地までの途中では牧歌的なすばらしい景色が広がっていました。...

11 地熱・地中熱

2014-05-23
小型地熱・温泉発電の可能性(8):別府再訪
2014年5月22日FIT設備認定の地熱発電の第一号であるバイナリー発電の様子を見ることと、新たな発電設備の導入があるということで、別府の瀬戸内自然エナジーを再訪問しました。前回見学した神戸製鋼製のバイナリー発電機は今回も稼働していました。以前にブログで書きましたように、ここは、温泉の温度、泉質、冷却水、泉源までの距離、送電線などの条件がすべて整った条件のよい場所です。それでも問題がまったくないわ...

07 研究成果

2014-03-03
magiccシンポジウム2014/資料公開準備中
去る2014年2月7・8日、一橋記念講堂にて開催されたシンポジウム「環境/エネルギー/経済発展の両立に向けて」ですが、ご要望多数により、ただいま、パネラーの資料、およびサマリーを公開する方向で準備を進めています。いましばらくお待ちください。シンポジウムの様子【シンポジウム内容】 2/7(金) 「水、太陽、地熱の活用」 日本における地熱発電の可能性 金子正彦 氏 「地熱エネルギーの意義と開発への課題...

07 研究成果

2014-01-30
magicc シンポジウム2014  ◆◆終了しました◆◆
magiccシンポジウム2014―環境/エネルギー/経済発展の両立に向けて―一橋大学イノベーション研究センターでは、内閣府「最先端・次世代研究開発支援プログラム」支援のもと、「Micro-analysis on Green Innovation and Corporate Competitiveness:magicc(環境、エネルギー、産業競争力の両立に向けて)」プロジェクト(主幹:IIR教授青島...
<< 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |

ページの先頭へ

  • 一橋大学